美味しいものが大好きなakoがアメリカ西海岸のLAで綴る、毎日のアレコレ。 フレンチレストランや、プライベートカントリークラブでパティシエのお仕事をしていました。 今は個人で活動中♪ 


by ako_bishoku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

3段のウェディングケーキが出来上がるまで

f0041447_12203232.jpg

かなり涼しくなりましたね〜。
ってここ最近、気温のことばかり書いていて、週末の
猛暑のことをかなり根に持ってるのね、って感じですよね。(笑)
急に秋が近づいてきた感じで、気持ちも落ち着いてきました。
これから、年末に向けて、もう少し計画的に過ごしていきたいな、
と思うけれど、できるかなあ?

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
↑ランキングに参加しています。
「読んだよー」という合図に、応援の1クリックをいただけると嬉しいです。

さて、昨日アップした「新婦さんプロデュースのこだわりウェディング
の為に作らせてもらったウェディングケーキが出来上がるまでのことを、
自分の記録の為にも写真入りでアップしていきたいな、と思います。
ちょっと長くなると思いますが、ご興味のある方はお付き合いくださいね☆

最初、お2人の結婚が決まった少し後に、「アットホームな、大人数でない
式にするから、akoちゃんにケーキをお願いしたいんだけど、どうかな?」と
言って貰いました。 

その時は深く考えず、アットホームなカジュアルな感じなら大丈夫かな、
と思い、「私でよかったらー」とお返事をし、式場も決まった頃に、
テーマカラーや、イメージするケーキの写真を送ってもらい、そして
打ち合わせ&試食の日がやってきました。

その間に色々と考えて、式場は我が家から遠いし、今年の夏は暑い
から、リスクがないように生クリームのケーキはやめておこう、とか
ちょこちょことイメージを用意しておきました。 
「どんなケーキでも大丈夫だから!」と花嫁さんにも言って貰って
いたので少し安心していたのですが、打ち合わせの日に、彼女の完璧な
情報がいっぱい詰まったタグ付きのフォルダーを見せて説明をして貰った
瞬間から、「あ、これはもっと真剣に考えなくては!」と気が
引き締まったのを覚えています。

「カップケーキなんかでもいいよー」と言ってくれたものの、希望の
写真たちはやっぱり段のものだったし、テーマカラーもしっかりと
していたので、せっかくの一生に一度のウェディングだから、なるべく
希望のものを作らせてもらいたいなあ、と頑張って段のケーキを
作ることに。

中の生地の試食用には、日本からのゲストの皆さんにもアメリカ
らしい味、でも美味しいものを体験して貰いたいと考えて、キャロット
ケーキとクリームチーズアイシングのケーキを用意しておいた
ところ、「すごく美味しい!」と喜んで貰えたので、無事に決定。

その後からは、デザインの相談。 「とにかく、シンプルでモダンで、
上品にテーマカラーのリボンを使って飾るのと、ブーケと合う生花を
飾りたい」というのが花嫁さんの希望。 ちなみにテーマカラーは、
アイボリー、ダークブラウン、そして爽やかなグリーン。

人数や見栄えを考えて、少し大きいけれど、上から6インチ(15cm)、
9インチ(23cm)、12インチ(30cm)、各段の高さ12cmの
3段のものに決定。 テーブルセッティングに使用するカラーの
チャージャー(見本の布)も貰っていたので、リボンなどの飾りや
必要なものを購入して、作る当日を迎えました〜。

ちなみに、こんな段の、シュガーコーティングのケーキを焼くのは、
料理学生時代にウェディングケーキコースのファイナルテスト用の
作品以来。 その時は、こんなのを作りましたよ。 この時は、
上のお花のブーケも、全てお砂糖で手作りしました。懐かしい〜!
f0041447_1555583.jpg


ここから、やっとケーキ作り開始〜☆
f0041447_12433289.jpg

初日は、ほぼ一日かけて、ケーキを焼き続けました。
計7枚を焼いたのですが、人参のたっぷり入ったキャロットケーキなので、
3キロ近い人参をひたすら手で刻みながら(おろしながら?)、一枚
を焼いている間に、次のケーキ分の人参を準備して、計量して、と繰り返し、
無事に全部がキレイな形に焼き上がった時は、1回目の達成感を
味わいました。 人参以外に、ローストした胡桃と、ドライクランベリー
がたっぷり入っています。 日本人のお口にも合うように、スパイス
と甘さは少し控えめで。
f0041447_1247224.jpg

前日に、これまた大量のクリームチーズなどと格闘をしながら、表面
をキレイにスライスしたケーキの間にクリームを挟んで、
f0041447_12474276.jpg

3段全部をこんな感じでキレイな形に整えます。
f0041447_1247597.jpg

最終的なコーティングがうまく馴染むように、別の種類のクリーム
を作って、それぞれの段の全体をカバー。
f0041447_12501686.jpg

ここまでで、もう十分に気温が高かったのですが、計画していた
タイムテーブルに添っていきたかったので、次の行程へ。
この日ほど、クーラーが欲しい!と思ったことはなかったかも。
f0041447_13151067.jpg

溶けるのを少しでも防ぐために、今回はシュガーコーティングををする
ことにしていたのですが、普通に市販されているものは甘過ぎて
美味しくないし、自分で作るには我が家のミキサーは小さいので、
アドバイスをくれたお友達が教えてくれた、チョコレート入りの
美味しいコーティングをお取り寄せしておきました。
ケーキは真っ白でなくて、テーマカラーのアイボリーにして
欲しい、とのことだったので、アイボリーものもをオーダー。
普通のものよりも扱い易い、と書いてあったので安心をしていたら、
チョコレート入りなので、まさかの暑さに弱いことが判明!
f0041447_13124169.jpg

1段目にかぶせた瞬間に崩れた〜!!!
ということで、泣く泣く剥がし、気持ちを落ち着けて、少し
涼しくなる夜まで待つ事に。 徹夜になってもいいかな、と
覚悟して。
f0041447_1325412.jpg

実は、このかぶせてキレイに形を整えるのには技が必要で、
卒業制作の時にも格闘した記憶のあるもの。 すぐに乾き始めて
しまうので、時間との戦いでもあります。
f0041447_1326467.jpg

珍しく、相棒クンがカメラマン。(笑)
全部をなめらかにコーティングし終えた時は、次の達成感を味わいましたよー。
f0041447_1328287.jpg

次は、いよいよ段にしていくのですが、そのまま重ねるだけでは重さで
沈んでしまうので、中に支柱を入れていきます。 長さを測って、木の
支柱を切って、やすりをかけて。 ここは、相棒クンが手伝ってくれ
ましたよー。

ケーキだけでなく、ケーキの土台となるボードも厚めに作って、
その上も、シュガーでコーティングしました。 周りには、
テーマカラーの1つであるグリーンのリボンを使用して。

何とか3段にした時は、またまた次の達成感〜。 この時点で、夜も遅く
なってきたのですが、かなり遅めの夕食を食べた後に、事前に作っておいた
お砂糖のお花を2段目に飾ってみたところ、イメージと違う〜★
大きさも、厚さも、どうしても納得がいかない。。。
可愛い過ぎないのがいい、というリクエストだったので、お花!
というものではなくて、丸のような、お花のような、という
ものを作ったのですが、意外と難しい。
f0041447_1512279.jpg

ということで、夜中から再度お花たちを作り始め、翌朝の一番に
美容院で髪をセットしてもらってから、パールを塗って、仕上げました。
前日に、当日は自分の髪の毛と格闘する時間はないかも、と思って
急遽、無理にお願いをしたのですが、開店前に予約を入れさせてくれた
美容師さんに感謝です! ありがとうございました。
f0041447_15134151.jpg

当日、何とかシュガーのお花と、パールを飾り付けて、イメージに合う
ように選べるように、数種類を用意しておいたリボンも取り付けて、
大きな箱にずれないように入れて、ドライアイスを回りに置いて、
相棒クンの運転で出発〜!!!

この時に、箱入りの写真を撮ればよかったのですが、少しでも外気の
熱に触れている時間を短くしたいのと、とにかく崩れないでー、
と珍しくピリピリしていたので、写真はなし。 道中の高速でも、
他の車が割り込んでくる度にドキドキしましたー。 きっと、ako
以上に運転していた相棒クンが神経をすり減らしていたと思います。
会場までの一時間以上の時間が、本当に長く感じました!

現場に到着して、箱を開けた瞬間、崩れても、溶けてもいない
ケーキを確認して、心からホッとしました〜。 スタッフさんに
冷蔵室に入れてもらって、フローリストの方とお花を飾るまで
ケーキとはしばしの別れ。
f0041447_15184328.jpg

テーブルのセッティングと、ケーキカット用のナイフの準備も
任されていたので、それを終えて、セレモニーが終わってから
披露宴に移る間にフローリストさんと合流して、お花を
セッティング。 プロのお花の飾り方を教えてもらって、勉強に
なりました。
f0041447_15204266.jpg

お花が飾られた後の完成したケーキ。 
f0041447_15231936.jpg

花嫁さんも、完成の姿を気に入ってくれた様子♪
f0041447_15222560.jpg

キャンドルが灯されて、雰囲気もよくなって、レセプション開始!
f0041447_1525487.jpg

カメラマンさんの、ケーキの写真の撮り方も、またまた勉強に。
f0041447_1526836.jpg

ケーキカットも無事に終わり、
f0041447_15262044.jpg

ゲストやスタッフの皆さんから「美味しかったよー」と言って
貰えて、安心したし、本当に嬉しかったです♪
f0041447_15271076.jpg

スタッフの方から「立て続けに3つウェディングがあったけど、一番
美味しいケーキだったよ。 しかも、昨日のウェディングケーキは
届いた時、崩れていたんだよ」と聞いて、そんなこと、やっぱり
あるんだ、と思いました。 本当に崩れないでいてくれて、ありがとう、
という気持ちでいっぱい。

今回、このケーキを作るに当たって、ミシガンに住む、とても素敵な
ケーキを作るお友達に色々とアドバイスを貰ってました。 細かい
ことまでアドバイスをくれて、本当にありがとう! 心強いお友達の
存在に、感謝、感謝です。

そして、10キロ以上もあるケーキを、何度も冷蔵庫に出し入れして
くれて、ケーキが崩れないように車に乗せて、運転をしてくれた
相棒クンに本当に感謝です。 根気よく付き合ってくれて、
ありがとう。 お疲れさま!

と、思った以上に長くなってしまったのですが、こうして、無事に
ウェディングケーキを仕上げることができて、新郎新婦さんにも
喜んで貰えて、すごく貴重な体験をさせて貰ったなあ、と思います。
お友達のウェディングケーキを作らせて貰うのは2回目だった
けれど、幸せな時間のお手伝いをさせていただけるって幸せな
ことですよね。

ウェディングケーキを作らせてくれて、新郎新婦さん、どうも
ありがとう! 色々と任せてくれて嬉しかったよ〜。
あらためて、おめでとうございます〜☆ 

と、こんな3段のウェディングケーキが出来上がるまで、でした。

「暑い中、無事にケーキが完成してヨカッタね♪」と思われた方、
↓のデザートをクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村↑ブログランキングに参加しています。
気軽にコメントも残してやってくださいねー☆
[PR]
by ako_bishoku | 2012-09-19 15:42 | スウィーツ