美味しいものが大好きなakoがアメリカ西海岸のLAで綴る、毎日のアレコレ。 フレンチレストランや、プライベートカントリークラブでパティシエのお仕事をしていました。 今は個人で活動中♪ 


by ako_bishoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

姑&嫁2人で過ごすおフランスな時間

相変わらず、極寒は続いています。 ここまで寒いのって数年ぶりかもしれません。 暖冬は、楽だけれど、地球のことを考えるとちょっとだけ普通に寒くなってくれると安心してしまったりもします。 それでも寒過ぎるんですけどね★

そんな寒いなか、私の職場であるレストランにお客さんとして行ってきました~。 働き始めてから初めてです。 今回は、ランチを体験することに。 

一緒に行ってくれたのは、相棒クン母(=義理の母)と、たまよちゃん(=相棒クン弟の奥さん=義理の妹)。 今回は平日だったので、旦那さま達をお仕事に見送った後、女性だけで集合。

少しだけ離れたところにある相棒クンの実家から来る相棒クン母は、高速道路を運転しません。その上、実家のある場所は何故だかいつも雪深いので、この極寒の中、ちゃんと来れるか心配をしていたのだけれど、ちゃんと予定の時間に全員集合~♪

入ってコートをあずけて席に案内された後、まずはキッチンに行って同僚さん達にご挨拶。 キッチンはこんな感じです。 akoがいつも働いているPastry Kitchenは、通路の右側。 写真では切れちゃってるけど、雰囲気だけ分かるかな?
f0041447_19624.jpg


このレストラン、ちょっとお高いフレンチのお店なのですが、ランチはディナーと比べるとシンプルなお料理をかなりお得なお値段で食べられます。 

私達も、そのメニューの中から選んで食べる予定にしていたのですが、土曜日に仕事が終わった後、職場のみんなとボーリングをしに行った時に「来週、ランチに行くよ~」と話していたらシェフが「じゃあ、特別メニューを作ってあげよう」と言ってくれたのです。 これぞ、従業員の特権♪

ということで、全てお任せでお願いすることにしました。 たまよちゃんの真似をして、写真のレイアウトに挑戦。

f0041447_1171923.jpg最初はアミューズと呼ばれる、一口サイズの前菜。

湯むきしたトマトの上に乗っている、トリュフオイルを注入した半熟に茹でた「うずら」のたまごをバルサミコ酢とお塩で。 口の中でプシュっと潰れた瞬間、口の中にトリュフの香りが広がりました。 これはウマ~♪





f0041447_1254472.jpg


こちらはランチメニューにあるコーンチャウダースープ。 口に入れた瞬間、たまよちゃんが「あ、日本の味だ~」と言ってましたが、本当に日本風のまったりとした甘めのお味。 私も好きな味でした。






f0041447_122249.jpgお次は、ホタテのディッシュ。 下にはバターのソース、添えてあるのはニンジンや食用花を和えたサラダ。 右にあるのはグリンピースとラベンダーのポタージュ。

食用花はちょっと苦い感じかな? スープもラベンダーのよい香りがしたものの、少し苦味があったかな? でも、ホタテの焼き具合がミディアムレアで私好みでした。 見た目もかわいい♪



f0041447_1302822.jpg サーモン。 皮がパリパリっとしていて、中身は完璧なミディアムレア。 ソースはハーブをすりつぶしたものと、上にかかっているのは、茄子とオイスターソースを煮詰めたもの。日本の味噌ダレのような味に仕上がっていて、日本人にはかなり親しみに持てる味でした。

左に添えてあるのはアーティチョークハーツにパプリカをまぶしたもの。 上にはmicro cilantroと呼ばれるミニハーブ。 香菜がちょっと苦手なたまよちゃん、今回はこれが沢山登場しちゃったね。 最初に断っておけばよかったね、ゴメン★


f0041447_1391185.jpg
メインのお肉はショートリブ。 

ランチメニューにもあります。 かなりゆっくりと煮込んだ後に、ホイスンソースで味付けをしてあります。 ナイフがいらないくらいやわらかい♪ マッシュポテトと、マイクロ野菜と一緒に。 これは人気メニューでもあるので、文句なしに美味しかった!



さて、ここからはやっとデザート。 エラそうに、写真を真ん中に載せちゃいます。 自分の領分なのでね、へへ。

f0041447_143423.jpg
 こちらは、VIP(お得意様)にしか出さないデザートで、メニューにはありません。 これを作るのに、かなりの労力が必要で、いつもPastryで働く私達3人(ボス、私、同僚)を泣かせてくれます。 たまごを割るのに神経を使うし、時間もかかる! 相棒クン母が「再利用できないの?」といってましたけど残念ながら無理。 再利用したいよ~。

で、中身は何なのかと言うと、一番底にはチョコレートのブリュレ。 その上にキャラメルソース、そしてキャラメルフォームをかけた後で、メイプルシロップとお塩がかかってます。 濃厚だけれど、小さいのでいいサイズだと相棒クン母にもたまよちゃんにも言ってもらえて嬉しかったです♪

そして、やっとフィナーレ~。
f0041447_26753.jpg

右から、ヨーグルトパンナコッタに、レモンリキュールを使ったシロップに漬けた果物。 
ゆずとチョコレートを使ったムースにマンゴーフォームをかけたものと、マンゴー&香菜のシャーベット添え、 最後は、シトラスのマシュマロにミニカップケーキ。 最後の組み合わせはボスがテスト中だということで出してくれたのですが、これを食べる終わる頃にはお腹がいっぱい!(当たり前)。 デザートはそれぞれがしっかりした味なので、全部を平らげるとかなりのボリュームでした。

姑&嫁×2でお喋りしながら食べ続けること3時間! いっぱい笑い、楽しい時間を過ごすことができて満足。 旦那さま達には申し訳ないけれど、女性だけって話も弾みます♪ って勝手なことを言ってますが、実は今回お金を出してくれたのは相棒クン父。 お父さま、どうもご馳走様でした!

そして、私達の為に特別メニューを作ってくれた同僚さん達にも感謝、感謝☆

ところで、今回お恥ずかしながら、初めて知ったことがあります。 預けたコートを受け取る時にもチップを払わないといけないんですね。 たまよちゃんに言われて初めて知ったako。慌てて現金をみつくろいます。 バレーパーキングの人にもチップが必要なので、アメリカでは小銭が大切なんだなってことを実感しました。

その後、たまよちゃんは仕事にでかけ、私は相棒クン母と我が家でお茶をしたのですが、2人ともお腹いっぱいで、ソファに座って日本茶をすすりながらグッタリ。笑) 贅沢ですね。 次回の嫁姑ランチはガラっと雰囲気を変えて、アッサリ系になりそうな予感です。
[PR]
by ako_bishoku | 2007-02-07 01:59 | お仕事で